エサが無いと走れない!

2008年11月末からアメリカ生活はじめました。

2009年07月

旦那さんから送られてきたメールの
添付写真を見たアタシと子供二人は
悲鳴を上げました汗

img20090731.jpg


こんなマッチョ写真が4枚ほど汗

一枚見るごとに
きゃあぁ~汗

これね、上司のKさんなんだそうです。
今日はKさんと旦那さん午後7時から日本と電話会議。
なのに彼はメールで

「食事制限もなくなったから
5時から飲みに行かないかはてな


みんなに送ってたんだとか。
仕事の合間に一杯やるってのがいかにもアメリカンですな困った

食事制限?何やってたの??

不思議に思った旦那さんが聞いたところ、
ボディビルの大会に向けて食事制限してたと判明。
その間のお誘いを断っていたのであのメールに至ったらしい。

サーバーに彼の勇姿が入ってたとかで(爆)
アタシ宛に送信してくれたんですね笑い
インターネットに載ってそうな写真だから顔出しありかと思ったけど
念のため消しときます(ハンサムです)

ポロシャツの上から逆三角がわかる体型と
太すぎる二の腕に只者ではないと感じていたらしいけど、
脱いだらとんでもない身体だったんですねぇ・・・

むっきむきの大人になりたいと言ってた元基も
流石に悲鳴上げてましたわ落ち込み

旦那さんいわく

Kさんはチョー頭が良くて
部下からの信頼も厚く
鍛え上げた肉体の持ち主で、
あと何を求めると言うんだ・・・はてな


とのことでしたダッシュ
念のためゲイなのかと確認しましたが(念のため、ですよ汗
妻子持ちなんだとかでその線は消えた。
(一体何を期待したのか、アタシ落ち込み

仕事も出来るしハンサムなのも解るんだけど
個人的にはお洋服脱がないでいて欲しいかもダメ


ところで、アタシの英語の先生、
年の頃は推定55歳位ですが(25歳と20歳の子供あり)
キャメロンディアス似ダッシュ

ある日テレビでキャメロン見てたら気が付いた。
今まで気が付かなかった位だから
激似では無いと思いますが、旦那さんも認めてくれたウインク

でも写真は無いのよね。想像してみてね。
55歳、一般人のキャメロンディアス笑顔

アメリカに来る前から見事に太りだしてた訳ですが。
こっちに来たら時間も有るしダイエットしたら良いじゃん、
なんて問題を先送り。

そしてこっちに来てからダイエットはおろか
有り余る筈の時間もさして無く、
(生活態度のせいも有りましょうが汗
一気に5キロ太った後は見て見ぬフリ・・・ブタ

アタシが太ったからって
何か問題が起こるとでも
はてなびっくり

はいはい、こういう考えの下にどんどん太って
妊婦の時にしかたたき出した事のない数字に至ってます。

それでも・・・

「人間際限なく太るものねぇ・・・」

なんて有る意味感心ダッシュ

でもね、身長差約30センチの旦那さんの体重に
後何キロも変わらないのだよ困った
もちろん見た目なんて目を背けてもごまかしきれんドクロ

後何キロも変わらない
と申しましたが、旦那さんがすぐ痩せる体質なので
ひょっとしたらアタシのほうが重くなる可能性ありダメ

こっちでは身体を動かさず車で移動車ダッシュ
それとね、BEERジョッキ

こっちでは缶ビールじゃなくてボトル購入。
毎日飲んだりしてなかったお酒ですが、
こっちでお手軽にボトルを手にしていました。

だって美味しいんだもん拍手

ビールよりワインの方が好きだったけど
ボトルビールの量が飲みきりサイズだし
ジュースの感覚ですぐ手に取れる・・・
飲む機会も相当増えてました。

お菓子の量も増えてたしアイスも安いから買い置き。

ダイエットに取り組む気力も無いままその生活を続けてた結果です。

・・・アタシ、日本に帰れないわ悲しい

この国は子供を家に残して出かけたら罪なので
いつも子供と一緒に行動してて
この夏休みはずーっと子供のマネージャー。
なんと根元白髪が出てきたのじゃ困った
これは白髪が増える予兆ダッシュ
(やだわー、ストレス溜まったのよー汗

うんと太って白髪が増えて
このままだと流石に旦那さんと子供たちがが可哀想。

一緒に歩くのが恥ずかしいだろうねぇ悲しい

帰国は4年後。
それまでにせめて体重だけでも元に戻せるように、
いや、これ以上酷くならんようにしなくてはね・・・

あれはてなでもこれって常にぼやいてた気が・・・
解っていてもどんどん太るのがアタシなのねダメ

今週は元基の「NINJA CAMP」が有ります。
忍者って言うのがツボにはまりました。
しかも講師も名前はMR.びっくり(何者だ汗
もうこれは決めるしかないってんで申し込み。
もちろん忍術を教えてくれるわけではなく
格闘系のレッスンです(笑)

img20090723_1.jpg

大きいオバちゃんがMR.Zの奥さんだそうです。
MR.Zが寡黙なのに対し、奥さんはテンションハイのアメリカン笑い
注目のMR.Zは謎の東洋人ではなく米人さんでした。

img20090723.jpg

ベルト(5ドル)巻いて気分出してます拍手

img20090723_2.jpg

先生の助手は道場の生徒です。
「メチョー」と呼ばれる彼はとってもキュートな東洋人。

p7210110.jpg


こっちではメチョーと聞こえるけど
日本語で言ったら「ミッシェル」なんです(爆)
娘ちゃんのクラスに同名でメチョーが居たので解ったんですけど。


元基は2時間は集中できないらしく、
後半お友達(日本人)とおしゃべりして遊んでました怒り
8月のレッスン断ってやろうかな・・・全くダッシュ


このところスケジュールが立て込んでおります汗


午前中は9時から奏ちゃんの英語の授業(2時間20分)
10時から元基の忍者Camp(2時間)
11時20分奏ちゃんお迎え。
そのまま元基のレッスンに行って12時お迎え。
昼食後、奏ちゃんに宿題とピアノを弾かせる。
3時半から奏ちゃんの英語の家庭教師(1時間)
5時半から奏ちゃんのスイミング(45分)6時15分終了。
45分開いて7時から元基のスイミング(45分)

今日はたまたま家庭教師が有るので遊びませんが、
スイミングまで時間が空くと子供達は遊びたがります。

昨日は日本人の先生のお宅に
プールにおいでと誘われていたので
1時半からスイミングギリギリの5時15分まで遊んでました汗

こんな調子で一日中子供のお付き合いです。
家に居る時間がほとんど無いので、
朝から昼食と夕食のこと考えて大鍋でお味噌汁作ったり
ご飯沢山炊いたりしてます。
朝作ったものがそのまま夕飯まで出てきます汗

7月まではプールも英語の授業も有るので忙しいです。
8月になったら少しは休みらしくなるかなはてな
(いや、ピアノの先生が夏休みから戻ってくるから大変かも汗

ここ、ミシガンの夏は高原の様だと聞かされてました。
確かに湿気も無くて涼しいのですが、
どうやら今年は冷夏なんだそうで困った

大群が見られると言われ期待していた
今年見かけたのは単体で3回ほど。

いえ、日本に居たら野生の蛍なんて見られないから
充分感動なんですが、
大群を期待していたので残念です悲しい

そんな訳でちょっと天気が悪いと寒いと感じるミシガン、
秋の予感がしつつもアウトドアで遊んでます。

昨日は悪天候で危うくBBQがお流れになるところでしたが、
翌日ではメンバーも集まらないからと決行されましたダッシュ

確かに寒かったんですが、
ひどい雨も降らずに何とか暗くなるまで遊べました拍手
元基の幼稚園の仲間からのお誘いは2回目。
奏ちゃんは子供達の相手に専念して小さいお母さんです笑い

前回のような酔っ払い米人も居らず、快適でしたキラキラ

徐々に元基のお友達関係も広がっています。



今日は家から高速で30分ほどの場所で
エアーショウが開催されていたので
朝から出かけていました自動車ダッシュ


アメリカでも流石に渋滞してたんだけど、
路肩を行く不届きものが現る怒り
するとなんと前のおじいちゃんの運転する車がグイッと右に寄って
路肩を塞ぎました汗
ミラーで後ろを見たら他の車も右に寄ってます。

日本ではマナー違反をムカつきながらもある意味無視ですが、
こっちは路肩を塞ぐんですね汗
それでも不届きもの達は2、3台更に右(緑地帯)を走って
追い抜いていきましたけどドクロ



会場は広かったので知り合いに逢う事も無かったですが、
どうやらみんな来ていたみたいです。
kankyaku.jpg



午前中は子供達がぐずる位のだらけたムード。
img20090721.jpg

img20090721_1.jpg

後で友達に聞いたら開場は10時で
開演は12時だったんだって困った

飛行機が飛んで何か見せてはしばらく空白。
show.jpg

show2.jpg

こんな繰り返しでアタシもそのうち居眠り。
直射日光もろに顔に浴びてますがなダメ
jyukusui.jpg


やること無くて暇だからと食べてたから
お腹も一杯で・・・(昨日に引き続きまた・・・ブタ汗

私達は昨日寒かったので長袖を持って行きましたが、
とても暑くて日差しが強く、
日焼け止めを持ってなかったのでずっと長袖を着てました。
スネ丈のパンツを履いてたらそこだけ焼けました悲しい

目の前の米人さんの子供達は上半身裸なんですけど汗
オムツの男の子も裸になってワイルドで可愛かったです笑い
baby.jpg


旦那さんにトントンと肩を叩かれて起きたら
ハイテク戦闘機のお出ましでしたダッシュ

sw.jpg

もの凄い爆音が飛行機の後から轟くのだ汗
超音速のスピードで飛ぶのよびっくり初めて見たわびっくりびっくり

機体は旧型に比べて無機質なデザインに思えますが
可愛さは無いけどとんでもないヤツだと圧巻でした拍手

エンジンの音かと思ったら衝撃波の音なんですね。
正に轟いてると言うのがピッタリの音でした。
bakuonn.jpg

低空飛行から垂直に雲間に消えていくまで
5秒足らずってトコでしょうか。

その後、メインのBLUE ANGELSの航空ショーですキラキラ

5番機のパイロットがミシガン出身だと紹介されると
会場は盛り上がってました拍手
no.5.jpg


息を呑むほどのアクロバット飛行に感動ですラブ
テレビで見たことは有ったけど、
やっぱり本物は爆音とスピード感に圧倒されます汗

img20090721_2.jpg

img20090721_3.jpg


ショーはパイロットが飛行機を降りるまで続いているそうで、
順にドアが開いて、ヘルメット外して、
整列するまでキチンと足並み揃えてご挨拶。
エンターティナーですね。

覚悟はしていたものの、
駐車場出るまで1時間掛かりました困った
この混雑振り、日本以来で懐かしいです(笑)

お出掛けの度に思うこと。
まだまだ持ち物が不十分。
今日は椅子と飲み物だけ持ってきたけど
暑い日だったから飲み物は足りないし日焼け止めも無し。
次回のお出掛けには気合入れるぞ~力こぶ

夕べ旦那さんに聞いたんですが・・・

一昨日、車上強盗発生困った

被害者は旦那さんの会社の米人さん。
場所は会社を出るところ・・・車道と会社の間です。
夜の9時頃まで明るいですが、
被害者は10時頃に会社から帰るところを襲われました。

車道に出るため一時停止したところ
いきなり運転席のドアを開けられて

頭に拳銃を突きつけられたドクロ

時計を奪われて顔を殴られて・・・との事ですが、
現金が取られたかどうかははてな
カードがメインの生活だから持ってないってところかな。

翌日出社した彼は顔が腫れあがってたらしいです。

犯人の人種は噂で入って来なかったらしいですが
若い男だったと・・・

怖~いショック

やだわ、やだわ、やっぱここはアメリカなのねダッシュ
拳銃突きつけられるなんてダメ

家から車で10分の旦那さんの会社。
近所でも危険は隣あわせなんですな。

日本でも同じ市内とかで事件も有りますから
こちらが住み難いって言うんじゃないけど、
旦那さんの会社だって言うのはショック困った

生活が変わって夜に出歩く事が全くなくなりましたが
安心しきってうっかり24時間営業のスーパーとか
真夜中に行ったりしない様に気をつけよ汗

summer campの紹介を
途中までしてて忘れてました困った
旅行中に1つ、奏ちゃんの英語の授業が始まってました。
旅行から帰ってからの参加となりましたが
火・水・木の午前中、殆んどが日本人
英語のお教室に通ってます。

明日は動物園に行くらしく、お弁当持ちですおにぎり

Noviが外国人向けに「無料」で開催びっくり
凄い太っ腹ダッシュ
しかも遠足まで付いてるんだもんね拍手

そんな感心もしつつ、反対に水泳教室ではプンプン怒り

先週は子供を連れて行くと
元基のレッスンが有りませんでした困った

開催人数に満たなくてキャンセルだと
あちらは旦那さんに連絡したものの、
旦那さんは旅行に携帯を忘れて行った為、
帰宅後メッセージが残ってたのを聞き間違いドクロ

英語が出来ないのに理由を知らないアタシは
まるで戦場に向かう気持ちで先生や事務所に向かいます悲しい
大体は想像つくけど返金の問題とか質問しようが無いので
旦那さんにバトンタッチしました。
そもそもこれは旦那さんの聞き間違いが原因で
Novi市のせいじゃないんだが。

一週間元基も退屈なのでレベル1が無いなら
レベル2で受けさしといてくれと頼んでもらったけど
それは出来ないと断られました(ちっ怒り

そんな中、奏ちゃんがめでたく検定でレベル3にランクアップ拍手
今週は元基の時間と奏ちゃんが重なって早く帰れると思ったら。

奏ちゃんの名前が名簿に載ってませんダメ

レベル2だから次の時間に受けろって・・・
いやダッシュ
アタシは先週、先生にも確認したから怒

生徒が一杯でレベル2だ、深いところでやるし・・・
大体そんな事言ってたが、奏ちゃんより泳げてない子が
奏ちゃんより小さいのにレベル3に上がってるじゃんびっくり

先生じゃらちが明かず事務の人が来て説明するけど
おおよそ納得行く話しじゃないしドクロ
英語は出来ないけどアタシもだいぶごねました。
旦那さんは電話に出ないしその場はムカつきながらも
今週はレベル2で受けさせる事に。

でも来週はレベル3に上がれるのねはてな

念のため聞いたら答えは解らないびっくり

なんて無責任な・・・電話が繋がったので旦那さんに
レベル2で授業するにあたって連絡が入ったか聞いてみる。
入ってないらしい。やっぱりムカつく怒り

少なくとも開始時間が45分もずれるんだし、
レベルが上がれない理由だって連絡するべきだろ怒

その件については翌日クレーム入れといてと頼む。
あー、自分じゃ出来ないってまどろっこしいわドクロ

しかし英語が出来ないアタシ、
ムカついて納得いかないのは相手にも伝わったのでしょうか。
(38歳にしてふくれっ面してました)

帰りに先生から

「来週はレベル3で受けられますよ」

と言われました。
それなら今週我慢も出来るってもんだ。
クレームの電話もとりあえず一時停止状態。

これ、来週また何か起こったら

絶対電話するかんな!

・・・旦那さんが。

土曜は日本人の補習校の日。
個人懇談会が有るのと4時半から奏ちゃんのお友達、
例のめがね女ことアーシェリーのお誕生日にお呼ばれの為、
(http://love-freedom.blog.drecom.jp/archive/816 参照)

懇談会はアタシ、
お迎えとバースデーパーティーに連れて行くのは旦那さん、
と、手分けして行動しました走るダッシュ

懇談会、元基の方は無事終わったのですが、
奏ちゃんのお話は長引きました困った
キャー、またこの子の問題発生よぉ~ダメ

10分の予定だったのですが、30分くらいかかってっます。
順番が最後だったので良かったわ汗

疲れきった心に気合を入れ、
補習校からパーティー会場までドライブです車ダッシュ
いつも持ち歩く地図からはみ出てる遠い場所でのパーティー、
夕べネットで調べたつもりでも・・・

遠い・・・困った

途中不安になって引き返したりしながら
(あと少し頑張れば探していた道だった悲しい
何とか辿り着いた会場は乗馬クラブ・・・
uma.jpg


人っ子一人居ないんですけど汗
みんなどこに居るんだよ~・・・って思ってしばらくウロウロしてたら
ちょうど外の馬を見にみんなが出てきました。

アタシが着いたのはパーティーも後半、
みんな乗馬したり馬のお手入れしたり楽しんだそうですラブ

アタシが道に迷ってる途中、
もう一人お呼ばれしてる日本人のママが迷ってると
彼女の旦那様からお電話を貰いました。

アタシも迷ってるけどうちの子供は旦那さんと一緒です。
てか、彼女はまだ到着してないのかと心配しましたが
アタシが到着したらっみんなと一緒に出て来ましたダッシュ

アタシよりちょっと前に着いたそうですが、
彼女は道に迷った挙句、携帯電話の充電切れ寸前で
胃がキリキリしたそうです(お察しいたします悲しい

こんな時に限ってうちの旦那さんは携帯を家に置いてたらしく、
アタシが電話しても、彼女の旦那さんが電話しても
繋がらなかったのでした怒りダッシュ

遅刻はしたけどみんな揃って
プレゼント開けましょ~びっくり

そしたら出て来るおもちゃは馬だらけ!

まぁ、彼女の好みを聞いたらそうなるよなー。
(会場は乗馬クラブ、好きなのはハリーポッター、クラフト、お馬さん)
ウチももう一人の日本人のとこも馬のぬいぐるみでした。
同じ店で買ってて、危うく重なるところでしたよ困った

こっちは馬の存在がかなり身近です。
日本じゃ競馬位でしょ???
カントリーサイドに出たら庭に馬飼ってたり、
乗馬できる施設がずらーり。

パーティー会場に行く間の道すがらの景色、
迷いながらもかなり楽しみましたウインク

パーティーが終わって外に出たところで
子供達はまた戯れ始めました。
otomodachi.jpg


アーシェリーのママはすごく綺麗な人だから、
きっと彼女も美人さんになるんだろうねぇ音符

パーティー会場に行く過程も含め、
良い経験が出来ました笑い

読んでるんです。
あの懐かしき子供の頃のバイブル

マカロニほうれん荘!
makaroni1_002.jpg


小学生時代の口調はきんどーちゃんでした。
ハンサムなとしちゃん25歳に憧れつつ、
ぶりっ子るみたんにムカつきつつ
(当時から可愛くなれないキャラのアタシでした悲しい
そして今、きんどーちゃんの様なオバちゃん目指して
年を重ねていたつもりでしたが、
きんどーちゃんになるには乙女心が無いとダメだと
読み直して改めて海より深く反省。

お洒落な漫画でした。
きんどーちゃんの衣替えも毎回手を抜いてませんダッシュ


パソコンでマカロニほうれん荘が読めるなんて
全く思いもよらず、
函館の友、ミヤンギー大佐のご好意には
涙がちょちょ切れる思いで感謝感激、としちゃん感激。

彼にはたどたどしくも触り始めたギターの指南も頂いておりますキラキラ

つくづくネットと言うものは距離を感じさせず、
人と人を繋いでくれる物なのだと感心しております拍手

ネットで争う方達も居るようですが、
こんなに凄い事を嫌な事に使うなんて勿体無いダッシュ

アメリカ地で日本の(または海外)皆さんと交流できて
アタシは寂しい思いをしなくて済んでます。
でもこれが連絡が無いと妙に寂しかったりして。
ネット依存症というのは避けたいものです汗

こちらでも楽しくやってますが、
日本の事を忘れた事はございません。
日本に心を残しているからこそのブログ更新なのですラブ


どうぞみなさん、
たまにはアタシまで近況をお知らせくださいねウインク

おませな所も多々有る娘ちゃんではございますが、
まだまだ「ぷっ!」っと笑っちゃうところも有ります。

生意気な口利くくせに
「さしすせそ」「しゃししゅしぇしょ」気味だったり
恥じらいが欠落していて、
プールのお着替えでみんなカーテンに隠れてるのに
一人で裸になってご機嫌で喋りながら
オッサンのような体の拭き方してたり(恥)
ごっこ遊びも大好きでなりきりお母さんしてたり(笑)

憎たらしいわぁ~怒りっていつも衝突しながらも、
まだまだ子供な娘ちゃんを見るにつけ、
いちいちムカついてる自分に大人気なさを反省。

ある日、娘ちゃんは朝起きてきたらでした。
コスプレでプリンセスになって喜ぶのってまだ子供はてな
それともずーっとプリンセスが好きなままはてなびっくり

娘ちゃんには悪いが姫ごっこさせてる暇は無かった。

旅行中に溜め込んだ宿題やっちまいな~びっくり

そんな訳ではプリントを広げ、
しかめっ面で辞書など引きつつ
宿題に取り掛かっていたのでありました。

その様子がシュールに見えて笑ってしまうアタシ汗
思わず写した写真をご覧下さいなダッシュ
hime.jpg

hime2.jpg

hime3.jpg


戻ってまいりましたラスベガス。
基本的に子連れではあまり遊べない町なので
ホテルのプールに行きました。

ラスベガスで一番有名だというBellagioにお泊りです。
bellagio_m.jpg

ここのホテルの噴水Showは有名らしい。
でも旅の疲れが出てさっさと寝ましたよ困った

流石にお値段が違うんだと思い知らされる部屋でした。
00018725_2.jpg

高いなりの理由が有るんだよねぇ・・・
部屋に入るといきなり床が大理石で広いし、
バスルームの広さもなかなかのもの。
高級なものに価値を求めない方だと思いますが、
たまにはこんなのも良いもんです笑顔

でもロビー、決して趣味が宜しいとは思えませんでした困った
00018725_3.jpg


ちなみに写真はネットから。
自分のカメラでは一枚も撮らなかったものですいません

そんでもってここのバッフェも有名らしいです。
バッフェと言えども高級ホテルのお値段は
殆んど食べないであろう子供に払う値段にしてはイタイ。

でもせっかくなんだし最後の晩餐だしと
苦手な長蛇の列のに並ぶ事にしました汗

初日のPARISホテルのバッフェよりよかったです拍手
(もちろんホテルのグレードもお値段も違うんですけど汗
高級ホテルとは言えバッフェですから
それなりの喧騒感と雑な感じは否めませんが、
こちとら子連れですもの、高級レストランには入れませんダッシュ

お寿司が有ったので殆んど食べないかと思った子供達も
結構食べてくれましたウインク
(シャリはまずいんだけどねぇ・・・ダメ

食後にバッフェに並ぶ列が更に3倍位になってて絶句。
頑張って並んだつもりだったけどまだ序の口だったらしい。
やっぱりでかいホテルは苦手かも~汗

朝食もどこで食べるのよっ怒り
てな勢いで探したけど運良く見つかり、
食後にお店出たところでまたしても長蛇の列になってて引くドクロ

あー、行列は嫌だわ困った

これ、少しでも時間ずれてたらえらい目に逢ってたわね。
まあ今回はすり抜けたらしいから良かったけどねダッシュ

そんでもって空港に行って搭乗する時にミラクル発生びっくり
たまたま立ってたら搭乗の先頭になってたんですが、
ファーストクラスから搭乗だからとよけました。
エコノミーの順番が来たので入ると、
自分達の席順は・・・はてな番号が無いんですけど汗

「スチュワーデスさん、
ワシ等の席は何処ですかはてな


不思議ワールドに一瞬迷い込んだものの、
通されたのはファーストクラスダッシュ
何でかなーはてな
そんなの聞いてないぞ~汗

荷物を預ける時に搭乗手続き忘れてて、
慌てて遅めの搭乗手続きをした旦那さん。
もしかしてギリギリだったのが幸いに転じたはてなびっくり

という訳で皆さん、
搭乗手続きはギリギリにしてみてください。
今回のようなミラクルが発生するかも知れませんよはてな

帰りの飛行機が快適だった事びっくり
たかが4時間、されど4時間でございます。

離陸前に飲み物のサービスが有るし、
機内食が出たし、しょっちゅう飲み物やスナック持ってくるしダッシュ
エコノミーは全部有料なのにびっくり

行きの飛行機あんまりお腹がすいて
しょぼいのに8ドルもするサラダ買ってたのにねぇ。
帰りはお腹いっぱいでしたブタ

ZionからBryce Canyonまでは約87マイル。
朝の騒動で早々に出発したものの
そのまま向かうのはチェックインには早過ぎる。

それじゃあちょっと戻って昨日通り過ぎた町に行ってみましょう音符
そしてKanabという町で昼食を取りました。

ここは町全体が西部劇をイメージした作りで
とても可愛い町です。
ちょっと寄るにはお勧めのとても良い町です。

ここで入ったお店はアメリカンポップに徹したお洒落なお店。
店先ではベティーちゃんがお出迎え。

betty.jpg

店員もアメリカンポップに似つかわしい
金髪のふくよかなお姉ちゃんでした笑顔
オメメのメイク真っ黒&歯の矯正はロゴ入りポップダッシュ

そしてあまり期待してなかった
田舎の観光レストランのお食事、
美味しかったんですよぉ~ハート

humberger.jpg

この町はお土産やさんも大きくて品数豊富。
カッコイイウェスタンブーツ見つけてゲットですびっくり
boots.jpg


メンズの品数に比べたらブーツの数ずっと少なかったけど、
それはどこに行っても同じ事だからね困った
それにしても安いと思いますダッシュ
アメリカのものはアメリカで買うに限るわドキドキ大

インディアンアクセサリーも買っとけば良かったかな。
・・・またそのうち良い機会がある筈ウインク

町を出て、途中の洞窟なんかも観光しながら
(地方のパラダイス的な代物でしたけど
入場料はぼったくって無いかもはてな大人5ドル・子供3ドル也)
ブライスキャニオンに向かいつつ、
気が付けばチェックインのお時間。

思いっきり通り越して激しい雨にも降られて
思ったより遅い到着となりました汗

夕飯の予約時間はまだまだ先だし、
お風呂でも入って時間を潰そうかと思ってたら太陽

良かった~とりあえずどこか見に行こう音符
とロッジを出たところに散歩道。
向こうが開けている景色。
何か見に行けるかと行って見れば

絶景かな~!!

img20090706.jpg

img20090706_1.jpg

img20090706_2.jpg

img20090706_3.jpg


ああ、神様ありがとうキラキラ
本当に素晴らしい眺めです(感動)
まるで西洋の城壁の様な岩が並んでいるじゃないですか。

自然が作り出した芸術です拍手

ここでも旦那さんの足はすくんでました笑い
そして元基はアホでした。

いい加減走るのを
辞めんか馬鹿たれ~
怒り


ロッジへの帰り道、散歩道の脇に鹿の親子3頭が
普通にたたずんでおりました。
こちらが気が付くと少し警戒していたけれど、
ロッジと自然が隣り合わせなんだとここでも実感。

翌朝は下に降りて行ってトレイルにチャレンジ。

img20090706_6.jpg

img20090706_4.jpg

img20090706_7.jpg

img20090706_8.jpg


子供達はまたアイスをちらつかせて頑張らせました。
途中柵が無くなって旦那さん怯む(笑)

またしても感動的な風景に出逢えましたキラキラ

感動のモニュメントバレーを後に、
一路Zionに向かうアタシたち。
今回、一番の移動距離となる241マイルのドライブ車ダッシュ

先ず最初に降り立ったラスベガスのホテルで、
アタシは万が一を考えて
スペアのトイレットペーパーを一巻き頂いておいた。

そしてその時はやって来たのであった。
途中トイレ休憩で寄った店で食べた氷菓子の影響か。
次の町に着く前に元基がうんちをもよおしてしまった汗

果てしなく続く州道の路肩に車を停め、
元基初めてのうんちとなりました。


ビーサンにおしっこがかかったと泣いたかと思えば
満面の笑みをパパに向けながらうんち

あの笑顔、何故あの笑顔なのかという疑問と共に
忘れる事は無いでしょう笑い

うんちにはいきなりハエがたかってました困った
余りの絵面に苦笑でございました。

子供のシートベルトを掛けてあげようと
車道側に立っていた旦那さんの横を
ものすごい勢いでトラックが通り過ぎました困った
路肩に駐車する場合は
車道側に立たないように気をつけましょう汗

氷菓子を食べた店。
近くに人造湖が有ったので観光地らしい。
kyuukeijo.jpg

horobasha.jpg


ここで見かけたハーレーカップルが
次に立ち寄った町でも隣のテーブルに座りました。
お互いあれはてなと思いましたが、
声を掛ける事はありませんでした。

道すがらの町が可愛くて、
翌日戻ってきて見物しましたよ音符

さて、Zionでの宿泊は国立公園内のロッジ。
グランドキャニオンでの洗礼を受けていたので
ある程度覚悟していたら、なかなかのお部屋でした笑顔
クーラーもちゃんと動くぞ~OK
でも、実はそんなに暑くないんです。
標高が高いからなんでしょうね。

公園に入ると断崖絶壁に沿ってクネクネとした山道。
ロッジは岩山がそびえたつふもとに有り、
なかなかのロケーションでした。

「あれ、絵なのはてな

と聞いた奏ちゃん。
疑ってもおかしくない位の山がそこには有りました。

ロッジの部屋のベランダの目の前は岩山。
そこを鹿がトコトコとエサを食べにやってくるのです。
子供も歩けそうなトレイルコースが有ったので
小一時間ほど歩いてみました。
ちょっとぐずるとご褒美のソフトクリームをちらつかせて(笑)

ご褒美のソフトクリームとロッジ前の広場にて。
ice.jpg

ice2.jpg


自然が一杯のロッジでしたが、
翌朝、朝食をとりにロッジのレストランに向かうと
いきなり敷地にパークレンジャーが
サイレン鳴らして侵入してきました。

しかも黄色の進入禁止テープまで張り巡らして困った汗
お客さんもロッジの従業員も全員本館から非難して、
チェックアウトは部屋にKey置いとけってダッシュ

何が起こったのか聞いても教えてくれなかったけど、
荷物を車に積んだ頃には騒ぎも収まってました。
なんだったんだろう・・・はてな
お陰で朝食は持ってたスナックになりました落ち込み

でもね、仕方なく部屋に戻った時に
ベランダから鹿が見られたからラッキーでしょはてな

Zionは聳え立つ山に囲まれた自然の中のロッジでした。

そりゃー狼煙(のろし)も上げるよなぁダッシュ

荒野を見渡しながらアタシは言った。
どれだけ遠くの狼煙でも、この景色なら見つけられる(笑)
drive.jpg



さて、グランドキャニオンでネイティブアメリカンの
歴史を感じて感動していた訳ですが、
次に向かうモニュメントバレーでは
今でもNabajo(ナバホ)族が昔ながらに生活しているという
正にネイティブアメリカンの居留地でございましたキラキラ

公園に入る前から感動物の景色(笑)
旦那様ははしゃいでおりました。
hashagu.jpg


ついでに公園の入口を見落として
裏側からのViewも堪能したりして汗

しかもホテルは出来立てほやほやの
絶景に位置するView Hotelびっくり
モニュメントバレーに行くなら絶対お勧めのホテルですダッシュ

天井は高くて開放感が有るし、
とにかくとんでもない景色なんだから音符
img20090706_1.jpg


公園に入ったらそのまま真っ直ぐ正面にあるホテルです。

ここに住み着いた最初の白人夫婦が
経済不況の中、この景色をハリウッドに
売り込みに行ったのがキッカケで
その後の西部劇はここが舞台となりましたとさ。

ジョンウェインとモニュメントバレーの景色
o.jpg

監督が気に入っていたというFord’s Point・・・の筈。
img20090706.jpg


売り込みに行った白人夫妻は大金を手に入れたけど、
決してナバホ族を食い物にした訳ではなく、
彼らの生活と共に生きてきたそうです。

あんまり西部劇は見てないんだけど、
ここに来たからにはジョンウェインの作品をチェックしなくちゃねダッシュ
いや、正直彼の魅力って解らなかったんですけどね汗
普通のおじさんにしか見えないって言うか、
でも作品を見たらその魅力が解るかも知れないですねウインク

もうホントに感動の景色。
自然の作り上げた奇跡の景色ですぞ(興奮ダッシュ

kankou.jpg

sekkin.jpg

ちょっとした断崖のポイント、
旦那さんは腰が抜けて立ち上がるのにも苦労してました。
どうやらアタシより強度の高所恐怖症のようです笑い
tottan.jpg

tottan2.jpg


この旅で共に移動した車と記念撮影車
img20090706_3.jpg


ツアーでしか見られない場所も有ったのだけど、
長時間移動で疲れていたので自分達の車で観光。
四駆をレンタルすべきだったとここに来て後悔(笑)
砂地の山坂必死で上り下りしました。

たまたま起きたらサンライズが見られましたキラキラ
img20090706_2.jpg


翌朝、改めてツアー申し込もうかと迷いましたが、
次の移動が結構長いので諦めました。
でもここはまた訪れる事が有るかも知れませんラブ

荒野をドライブするのもこの旅の目的でした。

それなのに・・・アタシ・・・よりにもよって・・・


免許証を
   忘れてきました
ドクロ


あー、馬鹿だよ、ホントに馬鹿だぁ~悲しい

そんな訳で運転は全部旦那さんとなりました。

ごめんねダッシュ(オードリーの春日で読んでみて)

砂漠の中をひたすら走る訳ですが、
景色が色々と変わるのは面白かったな~ドキドキ大

程なく着いたのは巨大なフーバーダム。

img20090705.jpg

人工的な物と大自然の入り交じったここは
アタシ的にはあまり興味が持てない場所でしたダメ
観光バスが止まってるし、観光ツアーもやってるし、
ミュージアムなんかも有ったりして。
ちゃんとした観光地なんだねぇ・・・
基礎の最も暑い部分が200メートルも有るらしいわよ、奥さんびっくり

荒野をドライブって、
ガソリンとかトイレとか
お食事とかどうなるの
はてな
drive.jpg


そんな不安が有ったりしましたが、
ポイントごとにお土産やさんが有ったり、
町が出てきたりと何の問題も無いんですねぇまる
こんな事も有りましたけど汗
img20090705_1.jpg


小さい町だとイメージを統一してあったりして
それも1つの観光地になってました。

迷う事無くグランドキャニオン国立公園に入れたのに、
ロッジを探すのに結構迷いました困った
そんでもってここのロッジはかなり庶民派。

このあと数日続くロッジ宿泊を不安にさせる代物でしたドクロ

廊下から丸見えの狭い室内、エアコン故障で扇風機、
歩くたびに揺れる床、かなり年代物の建物でした。

エアコンが壊れてるって文句言ったら

「扇風機が有るじゃん。もう1つ要るはてな

・・・要らねえよ、こんな狭い部屋に3台もアウト

夜は扇風機回して窓を開けて寝ました。
窓を開けっ放しなんて何年振りだよ困った
ここって古き良き時代の昭和の臭いがしたわ。

1つ良かったのはシャワーのお湯が熱かったこと。
ボロイ所はこの辺が怪しいもんねぇ・・・
ってかミシガンの自宅が途中でお湯がぬるくなるから汗

グランドキャニオンの景色を見るために
トレイルしたかったけど最後のバスが出た後。
7マイル歩いて行けるって軽く言う案内のババア。
全くこっちの役に立とうって気が無いらしい。

何の情報もくれないので仕方なく車で
公園内のポイントと呼ばれる場所に行ってみる事に。

そしたらここが有名なポイントでしたキラキラ
img20090705_3.jpg

img20090705_2.jpg

トレイルしなくても観られるんだねぇ。
(ここならお年寄りの方でも絶景が見られるかもウインク
公園内に入っただけじゃただの森だったし、
この景色が観られないんじゃないかと不安だったのよ悲しい

違うポイントからの景色。
img20090705_4.jpg


すぐそこは断崖絶壁。

景色に出会って発した言葉は・・・

すげぇ(美しい)
怖えぇ(断崖絶壁) 
元基馬鹿!


危険が察知できないのか、
元基は崖っぷちに行こうとするのびっくり
斜めになってる崖っぷちを飛んだり跳ねたり、
柵の切れ目に近づいたり・・・困った

夫婦揃って高所恐怖症のアタシ達は叱りっぱなしでした怒り

でもホントに危ない子で、石の柵に登ろうとして
よそのお父さんに押さえられてたりして。

感動と恐怖の入り交じったグランドキャニオンでした。

サンセットがナイスなポイントで観られましたキラキラ
日の入りと共に変わりゆく陰影はホントに美しく・・・
img20090705_5.jpg

img20090705_6.jpg


カメラでは写しきれないのだと実感しました悲しい
ちなみに国立公園の入場料は25ドル。
何処でも統一されているようでした。

公園のポイントは沢山あって、
ドライブしてたらどんどん出てきます。
わざわざ森を歩かなくても観られるので
お年寄りもお子様連れもLet’s Goびっくり

ガスレベス・・・それを聞いた旦那さんは
ポケモンの名前(レジギガスとか)だと疑わなかったらしい。
しかし会話はこう続いた。

「ガスレベスにはいつ出発するの?」

旦那さんは気が付いた。
娘ちゃん、それはラスベガスだよ汗


そんな訳で行って参りました。

砂漠地帯の国立公園巡りの旅。

一日目のラスベガスはPARIS。
parisnewest.jpg

paris.jpg

「まるでパリの風景を切り取ったかのようなホテル」
らしいですが、そんなもんアメリカに居るのに必要かはてな

周りを見ればギリシャ神殿のモチーフやらエジプトやら
ニューヨーク(だからラスベガスでしょ汗
世界各国がごちゃ混ぜにされた上におとぎの国や遊園地が参戦。
何だか節操が無いぞ、ガスレベス・・・いや、ラスベガスダッシュ

着くなりチェックインの長蛇の列ダメ
アタシ行列嫌いなのよぅ・・・(旦那さんも行列嫌い困った

飛行機で機内食も無かったし腹ペコだったから
余計に行列が腹立たしかったです怒り
しかもバッフェは何処なのよダッシュ
でっかいホテルは広過ぎて迷うのよ困った

ひとまず腹ごしらえして機嫌も直ったところで
(ここのバッフェは評判が良いらしい・・・
こんなもんじゃないのかとも思えたがダッシュ
翌日からの行動に備えて水の買出しに。

クソ暑い!

img20090705.jpg

顔が圧迫されるような暑さだ太陽困った
ホテルは冷房で凍えるし外は灼熱だし、
空港の看板(お色気Showの類)だけでも
子供に悪影響だと思ってたのに
道端には金髪の裸のねーちゃんのえぐいポーズの

エロチラシ散乱ドクロ

興味津々の娘ちゃん叱り飛ばして歩くも、
実はお母さんも地面のチラシに目が釘付けですからダッシュ

子供には(アタシにもはてな)ちと刺激が強いぞ、ラスベガス。

ハーレーカフェが有ったけど、
バッフェで腹がはちきれそうだったので
(いきなり嫌なブタ予感)外観だけで通り過ぎる。
img20090705_1.jpg


無料のShowでも見せて・・・と車を出したら大渋滞。
歩いた方が早かったのねぇ。
でもあのエロチラシと熱帯夜を思うとつい車ダッシュ

おまけにパーキングが解らず迷ってたら高速に入っちゃうしダメ
ネオンギラギラの観光は出来ましたけど、
まともに見てたら目が痛くなる明るさ。
ラスベガスはこれで余計に暑いんだろうなぁ・・・汗


観たかったShowは時間が間に合わず
観られた無料のShowは無料なりのものでしかなく。
イマイチのりきれなかった第一日目でした。

子供連れじゃCASINOも入れないし、
遊園地観覧車も有るみたいだけど、わざわざここに来る事ないし、
ラスベガスってネオン以外の何を楽しめばいいのか解らん困った

皆さんが遊びに来るなら是非とも、
アダルトな旅行をお楽しみくださいねウインク

このページのトップヘ