朝から天気が良かったので、
午前中、宿題やピアノをやらせてから、
とりあえず(笑)Greenfield Villageに行ってきました。

外遊びを楽しむのは今だけだもん
遅い昼食を園内で食べようと言う事に。

いつもはハンバーガーやホットドッグなどの軽食ですが、
この公園をもう少し知りたいので地図を片手にDinningへ。
「A Taste Of History」という名前からして、
アメリカの古くからの料理が食べられる??
そんな期待とともに、良く解らないまま(いつもの事)注文。

奏ちゃんが「お肉!」というので、
Menuからポークがどーのこーのというのを見つけ注文。
出てきたのは・・・
lunch1
そうか・・・トーストの上にのせたポークを頼んだのか。
奏ちゃんはべちょっとしたパンが嫌いなんだよなぁ・・・(困)
ポークのお味は甘い系。よくこっちで食べる味です。
(ビーンズとかと煮込んでるのと同じ味)

元基は「マカロニチーズ!」と言ってたので
サイドにマカロニチーズ。
こちらのお味、無難です。

テーブルに行く間、よそ様の注文の品を見ると、
お肉だけのメニューも
マカロニチーズだけも有ったらしい・・・

何処に書いて有ったんだろうか・・・解らん

そして驚いたのはこれ
lunch2
アタシは「HOT BEEF SANDWICH」を頼んだ。
アタシの知ってるサンドウィッチはパンの間に具が挟まったやつ。
サンドウィッチ伯爵がカードゲームをしながら食事が出来るように、
使用人に作らせた・・・って言うアレ

これは丸い巨大なパンをくり抜いて中に煮込んだ牛肉を詰め、
その上に巨大マッシュポテトが蓋をして、たっぷりソース。
皿の上にそびえ立つタワーの様な料理を目の前に
どうやって食べたらいいのか途方に暮れました

フォークとナイフでパンを切りながら頂いたけど、
パンがパサつくのね。ソースが必要な理由が解ったわ
でも、お肉もマッシュポテトも美味しかったです

元基は「ハンバーガーとポテトとホットドッグとマカロニチーズ!」
なんて、よっぽど腹が減っていたのか。
マカロニチーズはサイドメニューで少なめなので
ホットドッグも買っておきました。

ミシガンのホットドッグはチリが入ったものらしいけど、
こういう所で買うのは中味ソーセージだけ。
自分でケチャップやマスタード、玉ねぎ、
レリッシュ(甘いピクルスみたい?)などトッピング。
「チリホットドッグ」って注文しないと出てこないから、
ミシガンの名物と知らなければ食べられないかも。
州によってホットドッグの中身が変わるらしいよ~。
(所詮ホットドッグだろ、と思ってしまうんだが

スープとシーザーサラダも・・・って、
どうもカフェテリア形式だと取り過ぎてしまう
lunch3
ま、ほぼ完食でございましたが
(空腹状態で行くとヤバいよね~

お値段の割に味もボリュームも満足なお店でした
公園内でこんなレベルのお食事が出来ると得した気分

年間パスを買ってしまったので焦る事無く好き勝手に散歩。
見てなかった建物を探索。
アメリカの歴史上の人物の生家とかの復元してるんだけど、
知らない人が一杯でやんす。
(そもそも歴史に疎い)

でもアンティークが沢山あって見ごたえ充分

チャペルでは本日、結婚式が有ったらしくて
中には入れませんでした。
chapel
チャペルの前はガーデン・・・?
いや、フィールド・・・広いわ。
field
公園内にはスナック系しかないと思ってたのに、
今日のお食事と言い、こんな素敵なCafeまで発見
cafe
昼食でお腹パンパンだったから見るだけ。
ガーデンも素敵。
今の時期だから綺麗なんだろうし、撮っておこう
garden1
いつまで綺麗なのかな~。
ここはOpen Cafeだからすぐに寒くなるな
garden
でもね、来週も来たいのよ。
オールドカー・フェスティバルやってるんだって
可愛いだろうなぁ~
これ以上寒くなりませんように