翌朝、ホテルで朝食を取っていたら
NOVIの空手教室で助手(というか師範に近い)の女の子に逢いました。
普段着だとホントに小さくて小柄な小学生です。
この辺りはデトロイト辺りからのお客さんが多いそうで、
知り合いもちらほら・・・ビーチで水着になんてならないで良かった(笑)
天気が悪くて救われたか?

チェックアウトして向かったのは国立公園。
前の記事に書いた神話があるSleeping Beer Dunesです。
砂丘なんて鳥取砂丘しか行った事ない上、
ほとんど記憶に残っていません

途中で寄ったVisiter Centerでは寒さに負けて
好みでもないウィンドブレーカー購入。
3枚も・・・散財だわ。
でも夏の旅行では思いがけず寒い思いを沢山するので、
(天候だけでなく、レストランなど屋内も)
今後こいつを使い倒してやろうと思います。
windbreaker

こちらの砂丘に挑みます~!?
dune1

そんなに大したスケールに見えなかった砂丘は、
ひと山登ると先にまたひと山・・・なかなか先が見えない。
やっぱ国立公園だけあって広いのでありました。
dune2

寒いどころか汗かいてきましたけども
dune3

dune4

ミシガン湖が見えたどぉぉ~
でもここを降りたらまた登るのよね。
元基は降りたがったけどここで引き返すことに。
dune5

戻ってきてみたらこちら側も絶景かな
dune6

足をとられながらも遊び遊び砂丘を楽しみました。
dune7

本日学校で描いてきた元基の夏の思い出。
西海岸や日本はすっかり記憶から消えたのか?
前日の砂丘の絵を描いてます。
いつもの元基画伯の絵はこんなもんです(苦笑)
gahaku dune

砂丘では幾つか植物を見ました。
hana1

hana4

hana5

hana3

hana6

砂漠の花たちは可憐に、けなげに見えました。

気味が悪いのもあったの~。
つぼみなのか実が付いてるのか不明。
hana2

でろーんと下に向かって伸びてます。
hana7

砂丘、なかなか楽しかったです
真夏に来たら干上がってるな。
砂丘は寒くて正解・・・としておこう。

砂丘の後は近くのGlen Havenという観光地へ。
といってもちょっとしたお土産とアンティークな建物、
小さな船の展示やビーチ。
beach2

MUSEUMに行こうとしたら、
子供たちのお腹空いたコールが始まって慌てて移動。
ここではMUSEUMが目玉だったと思われます

Glen Arborという街はチェリー尽くしで・・・とチューターから聞いてたけど、
チェリーはほとんど見掛けませんでした。
唯一チェリーアイスクリーム頂きましたけども。

いわゆる観光地って日本もこっちも同じようなもんですが、
ここは強いて言えば軽井沢を小さくした様なたたずまい。
こんな素敵なBed&Breakfastを見つけました。
b&b

ペンションみたいなもん?
まだこの手の宿泊施設は使ったことが有りません。

ペンションは可愛いけど個人的にはカップルとか居るのに壁が薄くて、
子連れだと夜中になんか聞こえてきそうで気が気じゃ有りません(困)
ちなみに女友達と泊まった経験があります。
いや~カップルだらけでしたわよ

チェリーパイ食べてチェリーワインを買うつもりでしたが見当たらず。
こんな事ならトラバーズシティで買っておけば良かった

帰り道のガソリンスタンドの売店で
チェリーワインやシトラスワインを見つけたので購入。
すごい安物ですけどね、自分用だからいいんです

道すがらGarage Saleに寄りながら帰ってきました。
旦那さんが幾つか道具箱や道具をGetしてました。
車の旅行はこういうのも楽しいです。

紅葉の季節にも車で出かけられたら良いね・・・
と話しつつ、実は近所でも充分田舎で紅葉も楽しめるんだよね~(笑)