月曜日の放課後は忙しいです。
楽しくBABY SHOWERで飲み食いした後は、
奏ちゃんをピアノに連れて行きました。

今年に入って毎月、コンペティション(オーディション)が有ります。
日本のそれとは違ってとてもユルイものですが、
人前で弾く事と、曲を仕上げる事は大事だろうと、
先生に勧められるままに申し込み、
会場に連れて行き、特に成績も残さず(笑)

先週末にも一つ終わらせて、
「まぁそれなりに弾いてました」と報告。
同じグループで弾いた生徒さんはファイナルに残ったとか。
「とても上手に弾いてましたよ~!」
と報告したら先生、
「私は奏ちゃんが選ばれると思ったの」
・・・ん?奏ちゃん?
またまたぁ~(笑)選ばれた子はホントに上手でしたよ~!
ってまた報告すると、
「4月(すでに一つ他のが入ってる)
にあるコンペティションに推薦したいわ」

聞くと5人しか推薦できない枠に入れたいと。
・・・あれ?
去年の記憶を辿ればコンチェルトのコンペティションのメールのお知らせ、
上手い子が受けるんだと思ってスルーしてたら、
「5人にしか送ってなかったのよ!?」
と、何故か選抜されていたという経緯が。

先生もしかして、入賞した事とか無いのに、
奏ちゃんに期待してくれてるんですか?!(激汗)
4月に2回もコンペティションが有るなんて幾らなんでも・・・
と思ってたのに、先生の気持ちが解かり、
夏以降は一切コンペティションは受けないと断言していた奏ちゃんも、
今回の新たなコンペティションを受ける気になっていました。

とはいえ上手な子は練習時間が違うと思われ。
本人が楽しければ良いと思ってたピアノですが、
本人の為にも(自信を持たせる意味で)
少しまじめに取り組んだ方がいいのかも知れません

さて、ビックリしたものの嬉しい様な気持ちで帰宅した後は、
元基のなんちゃって空手です。
なんちゃってとは言え、アメリカでは先生がそれなりに成績を残してます。
でも日本の運動系に対しこちらのノリの違いには苦笑。
常にヒューヒュー!とかイエーイ!!とか歓声をあげます。

最近は奏ちゃんが空手について行くのを嫌がり、
アタシが稽古中の付き添いをしていましたが・・・眠い。
「お兄ちゃんだし、送り迎えだけね!」
と、不満そうな元基を残して帰宅。
その間夕飯を作る約束だったのに、
奏ちゃんの一言「PIZZA食べたい!」で、
夕べのスーパーボウル観戦中に焼いた失敗PIZZAのリベンジをする事に。
(夕べはそうめんツルツルになりました)

買ってまいりました16インチ(40cm)PIZZA!
P2070440

・・・食べちゃった
デザートにぶどう・・・甘くて美味しかったよ。
袋に気持ちわるい絵が付いてました。
これはひどい。
P2070439

一人でレッスンを受けた元基は寂しそうに車を降りましたが、
迎えに行くと興奮気味にレッスンで上手に出来た事を教えてくれました。
最近「お友達がいないからもう辞めたい」なんて
なめた事をぬかしておりましたが、
本来お稽古事は、お友達に会いに行くものではないのだ。
お稽古を楽しめた様で大変よろしい(笑)