日曜日は父の日。

奏ちゃんに何をするのか聞いたら、
カレーを作ってあげたいとの事。

カレーの他にサラダは?
デザートは??

色々と話し合ってメニュー決定。
奏ちゃんと一緒に買い物に行きました。
普段はアレ欲しいコレ欲しいとうるさいので連れて行きません。
(姉弟の小競り合いもうるさくてイライラします)

早い時間から準備スタート。
最初にデザートを作りましたがなんと失敗!
ゼラチンがダマダマに・・・?!
思い切って捨てて作り直しです。

混ぜてた元基は気にしてましたが、
きっとママがいつもと違う事をしたんでしょう。
元基のせいじゃないよ、と言いつつも、
二度目はアタシが混ぜてしまった(苦笑)

グレープフルーツジュースのババロア出来上がり
dessert

誰が何をするで小競り合いにうんざりしつつ、
じっと我慢のサポート。
食材を切るのもお皿を洗うのもこんなに時間が掛かるもの?!
子供にお手伝いをさせるのはひたすら辛抱です。

さて、食卓はこんな感じに。
娘に注がせたらお皿のふちにカレーが垂れております。
ご飯にドーッとかけちゃうのもうちのやり方?

お肉の塊が大きくて、ジャガイモゴロゴロカレーでした。
curry

キッチンで元基に激写される・・・(って、顔作ってますけど
元基から見たら、アタシこんなに大きいんだね。
buu

つぶらな瞳は元基が自分の目を撮ったもの。
しわが無くて可愛いお目めだこと・・・(親ばか)
eye

食卓につくころ、奏ちゃんが学校で書いた父の日の手紙を渡しました。
が。
元基は学校で先生が手紙を書かせなかったそうで・・・

元基のほっぺが見る見る下に落ちで、
泣きながらアタシに
「僕どうしたら良いんだろう・・・!?」
って、助けを求めてきました。

あまりに悲しそうなその様子にママは胸キュンでございます。
まだまだ可愛いままでいてね。
(泣く瞬間の元基を笑い飛ばす奏ちゃんであった・・・
 お前は・・・全く・・・)

↑お手紙の代わりに足裏踏みで決着をつけました。

子供たちのお料理ですから、ちゃんと家族四人で食べました。
パパは喜んでたでしょうか?!(知らん)