毎年、7月7日と言うのは晴れませんなぁ。
今日も途中でパラパラと雨も降る曇り空。
雨や曇りだと、織姫と彦星が逢えないのではなく、
あたしたちに見えないだけで、
二人は毎年逢えるんだと思いたいですラブ

で、そんなラブロマンスは縁遠い俗世間では、
短冊に自分の願い事を書いてみたりして。
うちの息子は大して真面目にテレビも見てない割に
「仮面ライダー電王」になりたいんですって。
ほとんどが3歳児の男の子、
この類のヒーロー望んでました。
ママは電王、全く意味が解らないので
友人かばこに聞いてみたところ、
かばこにも意味不明だとか。
時空を行ったり来たりしてる電車が2つ。謎。

娘ちゃんの行ってる学童でも土曜日いる子を中心に
七夕会が有るらしく、短冊が飾ってありました。
流石に小学生は現実的な夢でした。

「お花屋さんになりたい」(女の子はお花が好きなのかはてな
「バレリーナになりたい」(バレエを習ってる子だね。娘ちゃんもコレ)
「ピアノが上手になりたい」(まずは毎日練習しろ)
「サッカー選手になりたい」(定番だな)
「ゲーム買ってほしい」(親に直接言えよ・・・)
「おこずかいもっと欲しい」(親に直談判しなさいよってば)

物欲丸出しの子も居れば・・・

「世界平和」(親が日々語っているのだろうか)
「学童の皆が幸せでありますように」(宗教家になれるね)

全く頭の下がる子も居ます。
そんな中、どうも気まずい思いをした一枚。

「パパが家に帰ってきますように」

・・・あまり詮索をしては悪い気がした困った