それじゃ、元気でねーっっ音符

と、おばあちゃまに手を振り伊東を後にしたのが先週。
それが二日後にはおばあちゃま救急車で運ばれて入院困った
元気が無かったんだよね、正月。
体調不良というか・・・

11月23日のバレエフェスティバルには
駅前だったとはいえ終演後にスーパーで買い物して
バスに乗って一人で家に帰っていったってのに、
やはり老人、体調を崩すととことん弱る。

あと3時間遅かったらヤバかったんだとお医者様。
入院に付き添ったおばも驚くほどやられてた。
ひと目逢っておいて下さいと言われた時はボー然。
その後の様子で今すぐって程じゃないらしく
とはいえ安心できる訳でもなく、
週末になるまで不安になったりボーっとしたり。

髪の毛切って気分を変えたところで
伊東に行ってまいりました車ダッシュ
土曜の朝、あまりに弱々しい姿にちょっとうろたえる。
だけど先生からは良くなっているとお話があったと。

「まだ生きなくちゃいけないのはてな

みんなが慌てて伊東にお見舞いに行って、
思い残す事は無いと思っていたらしい。
その言葉を聞いてちょっと涙ぐむが・・・

午後には随分顔色も良くなっている。
ひ孫効果かはてなウインク
娘ちゃんはずっとおばあちゃまの手をさすっていた。
しかし入れ歯外すと人相変わるなぁ・・・困った
ホントに小さく見えるおばあちゃま。

翌日は昼ご飯の介助。
ちょっとづつだけど昨日より食べてくれる。
「味付けが甘い・・・ドクロ
おばあちゃまらしい発言も出る笑顔

「病院食が美味しいわけ無いじゃん。
早く出て美味しいもん食べよびっくり


食い気が戻れば生きる力も湧いてくるぞ~力こぶ
夕飯の時には
「ちゃんと直したいから
もうちょっと病院に居る」

と、前向きな発言。そんなおばあちゃま、
おもむろにアタシに向かってヘアブラシを差し出す。

髪の毛とかせってかびっくり困った

髪の毛を自然乾燥したままお見舞いに行ってたのだ。

髪の毛くらいとかしてるってば怒りびっくりびっくり

だんだんおばあちゃまらしくなってきた。
アタシも突っ込みがいが出てきたぜ。

とにかく早めの縮毛強制が必要らしい。