あいにくG.W.はあまり天気に恵まれず。
しかし最終日の今日は晴天なり太陽
でも旦那さんは10連休の後、本日より電車大宮勤務の始まり。

今年のゴールデンウィークもどこに出かけるでもなく、
(4月中に1泊で伊東には行きましたが)
唯一のイベントは3日に旦那さんの会社の友人家族達を招いて
庭でバーベキュー・・・午前中雨雨

でも日差しが無かった分、暑く無くて楽だったかなはてな

その中に、Sさんという年下だけど旦那さんの先輩の女性が居まして、
この人には今まで試練がいくつも有りました。
最初の子供を死産してしまい、
次に恵まれた子供を無事出産キラキラ
おめでとうって思った途端に離婚ドクロ
(もの凄いハンサムな旦那さんでしたが汗
その後シングルマザーで同じ小2の女の子を育てていましたが、
今回うちに彼氏を連れてくるとびっくりウインク

何だか嬉しかったです。妙に音符

本人も再婚や彼氏を作るなどとは考えて居なかったそうですが、
(でも凄くキレイな女性だし放っておかれる訳が無いかびっくり
たまたま出逢って・・・という、
付き合ってまだ2ヶ月ほどの幸せな彼女。

とはいえ、随分若い彼氏だなぁ・・・と思ったら
まだ26歳なんだって笑い
でも、はじめから彼には
「子供を実家に預けて
二人でデートとかは出来ないから」

って、ちゃんと伝えてる上でのお付き合いなんだって。
若いけど、そういう所で我侭にならず納得できるなんて
26歳はちゃんと大人なんですねラブ

コレが結婚になるのかどうかは解りませんが、
今彼女が子育て以外に幸せを感じる事が出来るのは
素晴らしい事だと思いますキラキラ

いつも娘と3人でデートはてなするのが当たり前なのに
一度娘さんが友人の家族に映画に誘われ、
思いがけず2人のデートになったとか。
ちょっと嬉しかったそうですよ音符
たまには無くちゃ、そんな日もOK

Sさんからは先日旦那さんと二人でツーリングに行ったのを
良いじゃないハートと言われましたが、
付き合い始めて2ヶ月、二人でデートしたドキドキが
一緒に暮らして9年、付き合い始めて12年の夫婦に
有るわけ無いでしょ困った

ま、普段は子供を楽しませる為に出掛ける訳ですが、
夫婦だと気ままにのんびり相手に気も使わず。
食事や映画なんかも好きなものが選べる訳で。

気の合う友達同士に似たものがございます汗
いや、夫婦なんて友達感覚で居られるなら御の字です拍手

彼女は娘が生まれた時、死産した男の子と余りにそっくりで
もう一度自分から生まれてくれたんじゃないかと思ったそうですが、
娘さんが2度ほどお彼岸やお盆に男の子を見たそうで、
娘さんは怖がるそうですが、
彼女は自分の息子なんじゃないかと思っているそうです。
たまたまオーラの泉がやっていてそんな話になりました。

彼女もそういうのを信じているそうです。

生きていれば11歳になるそうですが、
11歳の姿で現れるかは別として、
そもそも死産と解っていながら
母を選んでお腹に入ってくれているとか、
(母親に何かを伝える為らしい)
常に母親や家族と共に魂は寄り添っているというし、
兄弟の成長と共に現世の成長過程を楽しんでるとも言うし、
肉体は無くともいつも一緒に居るんだと
意識してあげる事が大事らしいねー、なんて、
いつか江原さんが話していた事を
色々思い出して話題にしてました。

アタシには悲しい別れは有りませんが、
こういう考えは悲しい思いをした人には
救いになるんだと思えて、
江原さんの言葉は好きですキラキラ

死産した子供を不憫に思い、娘を大事に育て、
娘が楽しそうにしている様子を涙して見る彼女。

そんな人が居る一方で、
生まれた子供を自ら殺めたというニュースは後を絶たない。
虐待を受けて保護されながらも家に帰ると希望して、
帰宅してから虐待死する子供もいる。

その子達が運命を知りながら
母親を選んだとは思えないのだけれど、
人それぞれ、立場によって
救いの言葉が違っても良い様な気がします。

江原さんが話している事を自分なりに解釈して
強く生きられるならば、
マスコミで色々言われているようですが、
あんまり関係ないのかな・・・って思います。

アタシは宗教というのはちょっと引くんですが、
その人が強く生きられるための言葉が
そこに沢山有るのならば、
人を誘わずとも自分で満足していてくれるならば、
偏見を持ってはいけないとも思っています。
でもアタシを誘うのは止めてね、引くから困った