アメリカに来て、日本人のお宅にお邪魔しますと、
今のところ100%靴を脱いで生活しています。
旦那様がこちらの方だと違うかも知れません。

家にアメリカの方が上がる事はごく稀。
業者かチューターの先生位。
先生はもちろん靴を脱いで上がられます。
日本語は話さないけど日本人の生徒さんを沢山教えてます。

今日は英語の授業のあと子供を迎えに行き、
玄関に来てビックリびっくり

ドアが半開き~困った

と思ったら、午前中オフィスに連絡していた
水漏れと網戸とコンロの修理に入っていた模様。
あー・・・焦った汗

業者さんに留守中入られたくないという人もおりますが、
いちいち時間決めて待ってるのもかったるい。
よっぽど都合が無いかぎり
勝手に上がって直しといて、と言います。

おじさん(初老と言ったところか)は
作業が終わってもすぐには帰らず、
ちょっとお喋りしていきました。
英語は出来ないので、時々会話が行き違ったり、
言ってる事がお互いどれだけ通じてるんだか
さっぱり読めませんけども、
それはチューターの先生も同じこと。

でも、さっきまでチューターと英語をやっていたので
まだマシだったかもしれませんよ汗

ホントここに居たら毎日日本語で生活してるから。

さて、やっとおじさんも帰る姿勢になったので
階段の上から見送ってると・・・

おじさん、土足じゃん怒

留守だと思って土足のまま上がったわね怒り
修理に来ても毎回脱いで上がってたのにドクロ

今度からオフィスにあらかじめ、
靴は脱いで上がってください
って注意しておかなくちゃダッシュ


言っても脱がない人たちも居ます。
以前会社の家具の引取りを頼んだら、
シーズン中だったからか引越業者を連れてきました。
旦那さんの会社の女性が付き添いで。

業者は土足で上がろうとするから脱げと言うと、
家具が落ちて怪我したら困ると言って拒否。
が、しかし。こちらもすぐには引き下がれず
これはジャパニーズスタイルなんだと言うも、
会社の女性からも無理だと念を押され・・・

やむなく承諾落ち込み

すると!

なんと土足で上がりこんで来た男ども5人ダッシュ

こら、そこの女、
お前は作業しないんだから脱げ怒り

しかもお前等、
頼んだ家具はテレビ台1つじゃ怒怒

テレビ台の周りに土足の男が4人見守る中、
一人がテレビ台の周りをぐるぐる回ってテーピング。
テレビ台を抱えた男はたった2人で・・・

無駄に土足で入りやがって・・・殺す!

いつもは愛想のいいアタシですが、
この時ばかりは無表情。
ヤツラの足元を凝視しておりましたとさ。