荒野をドライブするのもこの旅の目的でした。

それなのに・・・アタシ・・・よりにもよって・・・


免許証を
   忘れてきました
ドクロ


あー、馬鹿だよ、ホントに馬鹿だぁ~悲しい

そんな訳で運転は全部旦那さんとなりました。

ごめんねダッシュ(オードリーの春日で読んでみて)

砂漠の中をひたすら走る訳ですが、
景色が色々と変わるのは面白かったな~ドキドキ大

程なく着いたのは巨大なフーバーダム。

img20090705.jpg

人工的な物と大自然の入り交じったここは
アタシ的にはあまり興味が持てない場所でしたダメ
観光バスが止まってるし、観光ツアーもやってるし、
ミュージアムなんかも有ったりして。
ちゃんとした観光地なんだねぇ・・・
基礎の最も暑い部分が200メートルも有るらしいわよ、奥さんびっくり

荒野をドライブって、
ガソリンとかトイレとか
お食事とかどうなるの
はてな
drive.jpg


そんな不安が有ったりしましたが、
ポイントごとにお土産やさんが有ったり、
町が出てきたりと何の問題も無いんですねぇまる
こんな事も有りましたけど汗
img20090705_1.jpg


小さい町だとイメージを統一してあったりして
それも1つの観光地になってました。

迷う事無くグランドキャニオン国立公園に入れたのに、
ロッジを探すのに結構迷いました困った
そんでもってここのロッジはかなり庶民派。

このあと数日続くロッジ宿泊を不安にさせる代物でしたドクロ

廊下から丸見えの狭い室内、エアコン故障で扇風機、
歩くたびに揺れる床、かなり年代物の建物でした。

エアコンが壊れてるって文句言ったら

「扇風機が有るじゃん。もう1つ要るはてな

・・・要らねえよ、こんな狭い部屋に3台もアウト

夜は扇風機回して窓を開けて寝ました。
窓を開けっ放しなんて何年振りだよ困った
ここって古き良き時代の昭和の臭いがしたわ。

1つ良かったのはシャワーのお湯が熱かったこと。
ボロイ所はこの辺が怪しいもんねぇ・・・
ってかミシガンの自宅が途中でお湯がぬるくなるから汗

グランドキャニオンの景色を見るために
トレイルしたかったけど最後のバスが出た後。
7マイル歩いて行けるって軽く言う案内のババア。
全くこっちの役に立とうって気が無いらしい。

何の情報もくれないので仕方なく車で
公園内のポイントと呼ばれる場所に行ってみる事に。

そしたらここが有名なポイントでしたキラキラ
img20090705_3.jpg

img20090705_2.jpg

トレイルしなくても観られるんだねぇ。
(ここならお年寄りの方でも絶景が見られるかもウインク
公園内に入っただけじゃただの森だったし、
この景色が観られないんじゃないかと不安だったのよ悲しい

違うポイントからの景色。
img20090705_4.jpg


すぐそこは断崖絶壁。

景色に出会って発した言葉は・・・

すげぇ(美しい)
怖えぇ(断崖絶壁) 
元基馬鹿!


危険が察知できないのか、
元基は崖っぷちに行こうとするのびっくり
斜めになってる崖っぷちを飛んだり跳ねたり、
柵の切れ目に近づいたり・・・困った

夫婦揃って高所恐怖症のアタシ達は叱りっぱなしでした怒り

でもホントに危ない子で、石の柵に登ろうとして
よそのお父さんに押さえられてたりして。

感動と恐怖の入り交じったグランドキャニオンでした。

サンセットがナイスなポイントで観られましたキラキラ
日の入りと共に変わりゆく陰影はホントに美しく・・・
img20090705_5.jpg

img20090705_6.jpg


カメラでは写しきれないのだと実感しました悲しい
ちなみに国立公園の入場料は25ドル。
何処でも統一されているようでした。

公園のポイントは沢山あって、
ドライブしてたらどんどん出てきます。
わざわざ森を歩かなくても観られるので
お年寄りもお子様連れもLet’s Goびっくり