感動のモニュメントバレーを後に、
一路Zionに向かうアタシたち。
今回、一番の移動距離となる241マイルのドライブ車ダッシュ

先ず最初に降り立ったラスベガスのホテルで、
アタシは万が一を考えて
スペアのトイレットペーパーを一巻き頂いておいた。

そしてその時はやって来たのであった。
途中トイレ休憩で寄った店で食べた氷菓子の影響か。
次の町に着く前に元基がうんちをもよおしてしまった汗

果てしなく続く州道の路肩に車を停め、
元基初めてのうんちとなりました。


ビーサンにおしっこがかかったと泣いたかと思えば
満面の笑みをパパに向けながらうんち

あの笑顔、何故あの笑顔なのかという疑問と共に
忘れる事は無いでしょう笑い

うんちにはいきなりハエがたかってました困った
余りの絵面に苦笑でございました。

子供のシートベルトを掛けてあげようと
車道側に立っていた旦那さんの横を
ものすごい勢いでトラックが通り過ぎました困った
路肩に駐車する場合は
車道側に立たないように気をつけましょう汗

氷菓子を食べた店。
近くに人造湖が有ったので観光地らしい。
kyuukeijo.jpg

horobasha.jpg


ここで見かけたハーレーカップルが
次に立ち寄った町でも隣のテーブルに座りました。
お互いあれはてなと思いましたが、
声を掛ける事はありませんでした。

道すがらの町が可愛くて、
翌日戻ってきて見物しましたよ音符

さて、Zionでの宿泊は国立公園内のロッジ。
グランドキャニオンでの洗礼を受けていたので
ある程度覚悟していたら、なかなかのお部屋でした笑顔
クーラーもちゃんと動くぞ~OK
でも、実はそんなに暑くないんです。
標高が高いからなんでしょうね。

公園に入ると断崖絶壁に沿ってクネクネとした山道。
ロッジは岩山がそびえたつふもとに有り、
なかなかのロケーションでした。

「あれ、絵なのはてな

と聞いた奏ちゃん。
疑ってもおかしくない位の山がそこには有りました。

ロッジの部屋のベランダの目の前は岩山。
そこを鹿がトコトコとエサを食べにやってくるのです。
子供も歩けそうなトレイルコースが有ったので
小一時間ほど歩いてみました。
ちょっとぐずるとご褒美のソフトクリームをちらつかせて(笑)

ご褒美のソフトクリームとロッジ前の広場にて。
ice.jpg

ice2.jpg


自然が一杯のロッジでしたが、
翌朝、朝食をとりにロッジのレストランに向かうと
いきなり敷地にパークレンジャーが
サイレン鳴らして侵入してきました。

しかも黄色の進入禁止テープまで張り巡らして困った汗
お客さんもロッジの従業員も全員本館から非難して、
チェックアウトは部屋にKey置いとけってダッシュ

何が起こったのか聞いても教えてくれなかったけど、
荷物を車に積んだ頃には騒ぎも収まってました。
なんだったんだろう・・・はてな
お陰で朝食は持ってたスナックになりました落ち込み

でもね、仕方なく部屋に戻った時に
ベランダから鹿が見られたからラッキーでしょはてな

Zionは聳え立つ山に囲まれた自然の中のロッジでした。